News新着情報

月別: 2018年3月

レンタルドローンの機種はどんなものがあるのでしょうか?

レスキュードローンのレンタル機種には色々なものを用意しています。

予定では現時点で6種類を予定しています。

まず、操作性がよくて4k映像が写せる人気のPhantom4Pro+はもちろんのこと、

Mavic pro、Mavic Airはコンパクトで旅行に行くには最適です。

絶好のチャンスに空からのベストショットを!

これからのシーズンは、海や川に遊びに行かれる機会も増えると思います

水中撮影可能な新型ドローンもご用意いたします(^^♪

是非ご利用ください♪

 

 

レンタルって、借りるメリットは?

メリットは色々あります。

1.ドローンっていくらするんだろう?買い?それともレンタル?

DJIドローン Phantom 4 Pro+を見てみると

購入する場合アマゾンでは約24万円、楽天では22.7万円

⇒レスキュードローンでレンタルすると3泊4日で17,800円(お届け用返送用送料込み)

2.保険等は?

DJIドローン購入する場合対人対物保険1年間無料でついてきますが、機体保険は自分持ちで、phantom4Pro+では年間12,000円です。

⇒その点レンタルでは料金に含まれているので心配無用です。

3.保管と整備は?

ドローンのバッテリーはどんどん劣化していきます。墜落させたりしたら劣化がひどくなり半年で使えなくなることもあるかも。

バッテリーくらいと思うけど、phantom4Pro+のものは19,500円、Mavic Pro でも11,900円です。

⇒なので、ドローンにはまって毎週飛ばす方はともかく、そういう人は少ないと思いますけど。

⇒レンタルがお勧めです。

4.購入したいけどお試しで?

どれを買おうか迷っている人にはとっても良い方法です。

例えば自分はドローン=phantom4Pro+と思いこんでいたが、旅行に持っていくならMavic Pro がとってもコンパクトのを知りました。

⇒ドローンレンタルを知っていたなら、間違いなくレンタルで使っていたでしょう。

 

☆利用者目線からでは

・バッテリーはフル充電。

・持ち運びやすいケースに入っている。

・初心者にも分かり易い取説明動画がついている。

・SDカードも入っている。(現場で困らない)

☆性能

・Mavic Pro もphantom4Pro+もカメラは4k、動画もプロ並みのものが撮れます。

・持ち運びがよい。

・操作が簡単。

・音はphantom4Pro+よりMavic Proのほうが静かです。

 

まとめとして

・最近普及し始めたドローンレンタルですが、購入前に知っていたらレンタルのメリットは沢山有ります。

・旅行の思い出を空撮で残したい。

・ドローン購入したけどその前にレンタルで使って試したい。

 

レンタルドローンを借りる時の気になる事は

まずいつでもどこで飛ばせるのかな?

天気に左右されるのかな?

ドローンは精密部品の塊です。なので雨天では使えません。

どんな所でも大丈夫かな?

近くを見て高圧線があるところは注意して下さい。

勿論飛行場の近くでは飛ばません。

自分の土地でも近くに人がいるときは飛ばせません。

道路、線路、公園でも飛ばせません。

各種法律、例えば電波法、航空法、自然公園法、県の条例等いろいろな法律に従っての用法に従ってください。

まず安全第一でお願いします。

詳しくはレスキュードローンにお問合せ下さい。